2013年8月アーカイブ

薬剤師が働く場所と言えば、多くが、調剤薬局や病院をイメージします。 実際、薬剤師が就職する場所と言えば、薬局をはじめとして、ドラッグストア等がやはり上位となり、続いて多いのが病院や製薬会社となります。 また、薬剤師としての就業場所であまり聞かれない就業場所では、麻薬取締官や自衛隊の薬剤間というような仕事も存在しますし、実際そのような薬剤師職をされている方もおります。

一般には、医療資格者の仕事となると、多くが病院や診療所というような医療機関で働く事が多いですが、薬剤師に至っては、実に色々な場所での活躍が考えられます。 しかも昨今は、医薬分業の進展等もあるからこそ、薬剤師の求人自体も非常に逼迫しているといえるのです。

例えば、薬剤師の職種でいうと、調剤薬局の薬剤師である事も当然ながら、ドラッグストアにおける薬剤師という存在もあります。 もちろん、病院における病院薬剤師も存在し、製薬企業における薬剤師、CROという形で働く薬剤師も存在する事から、実に薬剤師の活躍の場は、広がっています。

最近は、在宅治療におけるチームの中にも、医師や看護師だけでなく、薬剤師の存在が重要視されている事から、在宅治療に携わる薬剤師さんも非常に増えていますので、薬剤師の仕事事情とは、実に医療資格者の中では、幅広い分野での活躍が見込める職業ではないかと思います。

そんな薬剤師の仕事事情ではあるものの、薬剤師という存在を実に必要とする、採用意欲が高め傾向にあるのが、調剤薬局やドラッグストアということになりま す。 もちろん、都内における薬剤師の仕事事情は多少この見解とはことなりますし、すべての調剤、ドラッグストアが、薬剤師の採用に意欲的ではないですが、全国 的にみる限りでは、調剤、ドラッグストアによる採用意欲が薬剤師の働く場として、高め傾向である事は確かですし、地域によっては、薬剤師がまだまだ足りて いない地域もありますので、就職や転職を考える場合は、こうした不足地域にも目を向けてみる事もお勧めです。

大体、薬学部や薬科大学が少ない地域は当然、今まで少なかった地域も薬剤師の存在が不足傾向なので、薬剤師の求人を探すにも非常に楽なのです。 しかしながら、薬剤師の現状として、今後薬剤師が増え、尚且つ薬剤師の飽和状態がささやかれ、それが現実になる事は、当然考えられますから、そうなってか ら焦る事のないように、就職における目的、希望は、しっかりと考え、そのような状況に左右されないような地位を確立しておくということも薬剤師にとって は、必要だと考えるのです。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク