心理学について考えてみる

user-pic
0
香里奈さん主演でやっている「嫌われる勇気」というドラマのテーマの一つ「アドラー心理学」。

これがいまいちよく分からず、同じ薬剤師仲間にも聞いてみたがいまいち分からず、少し調べてみたので、備忘録でまとめておこう。
「すべての悩みは対人関係の悩みである」という考え方のもとにあるあるフレッッド・アドラーのこの考え方。
ジームクント・フロイトの「原因論」ではない「目的論」のこの考え方。
だから、アドラーの考え方は、人はいつでもどんな時でも「選択可能」って言っているんです。
大人になったから性格が変えられないとか、昔にどんなつらいことがあったとかあっても、その後はどう生きていくかには関係がないという事らしい。

人は変われないのではなく「変わらない」という「決心」をしているだけなんだっていう教え。
目からウロコでした!

このブログ記事について

このページは、みおが2017年3月 1日 15:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もっと体を動かしたい」です。

次のブログ記事は「なんだか内容が変わってしまいました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク